ST先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > リハビリテーション部の人材募集 > ST先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(ST 井上 明花)

言語聴覚士  井上 明花

平成25年4月入職  関西総合リハビリテーション専門学校卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

現在は、主に小児・成人外来を担当しています。小児では、発達障害や言葉の遅れ、発音に問題を抱えているお子さんの発達を支援しています。
成人では、脳血管疾患や脳外傷による高次脳機能障害、失語症、嚥下障害、構音障害のある患者様のリハビリテーションを行っています。その他には、聴力検査や補聴器フィッティング業務も行っています。

当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

小児・成人両方の言語療法を行っており、幅広い経験が出来ると思い希望しました。センターには想像していたよりたくさんの施設や部署があり、連携を図るべき他職種の方が多くいることに驚きました。
学校で学んできたことより実際に臨床に出てから学ぶことのほうが多いです。悩むこともありますが、時に先輩方からたくさんのアドバイスをもらいながら日々成長できることにやりがいを感じています。

仕事についてのエピソード

初めて担当した失語症の患者様に対して、担当した当初は一方的になってしまい、やりとりが上手くできませんでした。しかし、患者様と日々関わる中で患者様の思いを知ることができるようになり、信頼関係が築けたと思います。練習して言えるようになった「ありがとう」を退院の時に言ってもらえた時はとても嬉しかったです。

仕事を通しての将来の夢

小児・成人に関わらず、患者様の立場に立って、それぞれが必要とする支援が行えるように努力していきたいと思います。

就職活動をしている皆様へ一言

この仕事は、経験年数を重ねても日々勉強の必要な職種だと思います。しかし、その分新たなことにチャレンジしていけるやりがいのある仕事だと思います。センターは、小児・成人と幅広いリハビリを行っており、他職種の方も多く、いろんな経験の出来る職場だと思います。

先輩メッセージ(ST 津野 美菜穂)

言語聴覚士  津野 美菜穂

平成27年4月入職  愛媛十全医療学院言語聴覚学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

西病棟(回復期リハビリテーション病棟)に入院されている、脳血管疾患等による高次脳機能障害や失語症、嚥下障害、構音障害を持つ患者様の評価・治療を行っています。


当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

学生時代、当センターで実習を行ったことがきっかけです。小児から成人まで幅広い患者様を対象としていることや、セラピストの数が多いことから、センターでしかできない経験ができるのではないかと考え志望しました。
入職して間もないため悩むことも多いですが、試行錯誤したり、先輩方からアドバイスを頂いたりと、たくさんの学ぶ機会があることを嬉しく感じています。

仕事についてのエピソード

初めて担当させて頂いた患者様に対して、何に困っているのか、STとしてできることは何か、と考えたときに、経験や想像力の少なさから、患者様が退院された後の生活を明確に思い描くことができませんでした。自問自答の中で迷っているときに、先輩や他職種の方からお話を聞いて初めて気付かされることも多く、自分の無力さを痛感しました。患者様のことを第一に考えたとき、自分の経験の浅さをカバーするためには上司や先輩に相談していくことが患者様のためになると感じました。そうして試行錯誤しながらも患者様にわずかでも改善が見られたときは本当に嬉しく思います。その喜びを少しでも患者様と共有したいという思いが糧になっています。

仕事を通しての将来の夢

現在、西病棟で患者様と関わっていますが、STとしての知識や技術、他職種との連携など、まだまだ未熟な部分が多くあります。小児の分野では更にわからないことばかりです。今後たくさんの患者様と関わっていく中で不十分な点を埋めていき、いずれは小児や成人に関わらず、患者様に寄り添い、困っていることを少しでも和らげられるような言語聴覚士になりたいと思っています。

就職活動をしている皆様へ一言

当センターはたくさんのスタッフがいるため、チーム全体で1人の患者様のために真摯に考えられる環境があります。そのため日々刺激を受けながら自分自身を成長させることができる職場だと思います。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ