OT先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > リハビリテーション部の人材募集 > OT先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(OT 宮武 理子)

作業療法士  宮武 理子

平成27年4月入職  広島国際大学卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

東病棟や小児外来では、先天的な身体障害や発達の遅れがあるお子さんに対して、遊びの中で発達を促したり、家庭や学校でよりよく生活できるような支援・援助を行っています。
また成人外来では、成人脳性麻痺の方、脳卒中や脊髄損傷後に在宅復帰をされている方に対して、家での困りごとに対する機能訓練などの作業療法を行っています。

当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

子どもと大人、両方の分野が経験できることに惹かれて志望しました。現在、病棟と外来で両分野を担当していますが、喜びややりがいを感じると共に、緊張の毎日で悩みも尽きません。
しかしセンターには大勢の先輩がいてたくさんのアドバイスや意見をもらうことができます。そこもセンターの魅力の一つであると感じました。

仕事についてのエピソード

私が担当している病棟と外来は個別担当制です。知識も技術も薄い中ですが、患者様を担当することに責任感を強く感じるようになりました。その中で子どもさんやお母さんから、「○○なことができるようになりました」「○○なことを家でやってみました」というお話を聞くと、その子の発達に自分が少しでも関われたのかな、と嬉しくなります。

仕事を通しての将来の夢

まずは、様々な可能性を考えられる、視野の広い作業療法士になりたいです。

就職活動をしている皆様へ一言

様々な職種の人が働いているセンターで1年目から多様な経験を積むことができ、恵まれていると感じています。勉強会や研修制度も多く実施されています。一緒に成長していきましょう。

先輩メッセージ(OT 上枝 亮介)

作業療法士  上枝 亮介

平成25年4月入職  大阪保健医療大学リハビリテーション部作業療法学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

西病棟(回復期リハビリテーション病棟)に入院される患者様へ作業療法を行っています。患者様がスムーズに家庭復帰して頂けるため、生活に必要なADL(食事や排泄、更衣動作など)やIADL(家事や金銭管理、趣味のための活動など)の獲得が行えるよう支援・援助を行っています。


当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

センターは私が作業療法を目指すきっかけとなった場でもあり、その場所で働きたいという気持ちから志望しました。日々の業務は自身が思い描いていた以上に大変なものでした。しかし、そこから得られるものは多く、日々成長できているように感じます。

仕事についてのエピソード

就職して間もない頃、担当させて頂いた患者様とコミュニケーションが上手くとれず、とても悩んだことを今でもよく覚えています。その時に、患者様から目を背けず向き合うことで、その方の思いや新人であった私に伝えたかったことなどが少しずつ理解できるようになり、次第に関係も良くなりました。また、この事をきっかけに新しい治療内容を患者様と一緒に考えたり試したりと、活動の幅も広がったように思います。
私たちは、患者様に治療を提供させて頂く立場にありますが、患者様から学ぶことの方がはるかに多いように感じます。そして、セラピストは治療を提供させて頂くだけでなく、患者様と協力することでより高い支援ができると考えています。

仕事を通しての将来の夢

相手にあわせ自分の作業療法を変えることのできるセラピストになりたいと思います。

就職活動をしている皆様へ一言

私自身もそうですが、就職してここで「何をしたいのか」と聞かれすぐに答えられる人は多くないと思います。まずは、その職場で「自分にできることは何か」を考えてみてください。きっと自分にしかない強みがあるはずです。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ