南2病棟先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > 看護・療育部の人材募集 > 南2病棟先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(南2病棟 田井 奈津美)

南2病棟看護師  田井 奈津美

平成27年6月入職  香川県立保健医療大学看護学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

回復期リハビリテーション病棟では、急性期を経た患者様のQOL向上やADL拡大を目指した看護提供を行っています。その中でも24時間患者様と関わる看護職の視点を生かし、他職種と情報を共有して患者様の身体的、心理的、社会的な面でのサポートを行っています。日々、数名の患者様を受け持ち、その人が現在出来ない生活面の介助をしたり日常生活での訓練の見守りやサポートを行っています。

当病院を選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

急性期病院での経験しかなく、ゆっくり患者様と話がしたいと思い、この病院を希望しました。また、学生時代の恩師より、子育てをしながら看護師としてのスキルアップにも挑戦できるところとアドバイスを受け当病院を希望し、現在は先輩方の理解もあり院内保育所を利用しながら仕事をしています。

仕事についてのエピソード

患者様が退院してから数ヵ月後に元気な姿で病棟に顔を出してくれることが私のやりがいにつながっています。
また、子育て中で子供が急に熱を出し、仕事で迷惑をかけてしまったと感じた時も先輩看護師がサポートしてくれ、看護師としても母親としても先輩が親身になってくれる職場でとても居心地が良く仕事が楽しいと感じています。

仕事を通しての将来の夢

看護師としてスキルアップを目指しつつ、仕事と家庭の両立を続けていきたいと思っています。

就職活動をしている皆様へ一言

福利厚生がしっかりしているので、安心して働ける職場です。

先輩メッセージ(南2病棟 上田 雅也)

南2病棟看護師  上田 雅也

平成27年4月入職  高松市医師会看護専門学校卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

回復期リハビリテーション病棟に勤務しており、患者様が円滑にリハビリが出来るよう援助しADLの向上を目指しています。急性期での治療を終え、転院してこられた患者様に対し医療的ケアや日常生活の援助をしています。また、患者様とそのご家族に現状の問題や生活状況を聞いて他職種と情報を共有し患者様の望む生活に向けたサポートをしています。


当病院を選んだ理由

疾患により、状態が悪くなった患者様の回復していく過程に関わりたいと思ってこの病院を希望しました。就職して思ったことはとにかく人と話をする機会が多い病棟だと思いました。患者様やご家族、他職種と話して情報を共有し、ケアにつなげるコミュニケーションの場は重要です。

仕事についてのエピソード

よく先輩看護師に「患者様が帰ってからの生活を想像してみなよ」という事を言われます。患者様の今後の生活を考えながらそれに対する必要な援助を行っていく事が大切ですが、患者様の生活を想像することは難しいです。色々な患者様と関わり勉強していく事が大切だと思います。
また、車いすの方が歩き始めたり、経管栄養だった方が食べ始めたり、オムツ対応だった方がトイレに座ったり、など以前できなかった事が出来るようになる場面に携われることは感慨深いです。

仕事を通しての将来の夢

患者様との関わりの中で、様々な事を学び、看護師としてスキルアップを目指します。

就職活動をしている皆様へ一言

他の看護師さんも優しくわからないことも聞きやすい雰囲気です。また、勉強会や講習会も多いのでスキルアップの場としても役立つと思います。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ